注文住宅、分譲住宅なら、沖縄の建築会社 株式会社アイムホーム

資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ 098-923-1646

お電話でのお問い合わせ 098-923-1646


二世帯住宅 結の家 太陽熱フル活用型住宅プロジェクト

建築家・造園家紹介[建築家 伊礼 智]

「アマハジ」など島の民家のエッセンスを取り入れ、住み良さに徹した"沖縄の新しい家"を提案します。

常日頃より「住む人の心地よさに徹した、実用的なデザイン」であることを考慮しながら住まいづくりに携わっています。住まいは「家」という建築物だけで完成するものではなく、家を包む庭や周辺のランドスケープなども重要な要素だと考えているため、トータルでバランスが良く、好感のもてる「佇まい」を生み出すことを目指して設計を行うよう心がけています。

以前、「オキナワの家」という絵本に描いたこともありますが、沖縄出身の私にとって昔ながらの島の民家の魅力は、「外部」と「内部」がゆるやかに繋がっている、あの独特の佇まいです。「アマハジ(民家の軒に差し出た庇)」に代表されるような、外でも内でもない中間的な空間。“半戸外”というおおらかなその境目に、デザインの可能性が宿っているように感じられるのです。今回「結の家」でも、「アマハジ」に着想を得て、遮熱塗装された花ブロックで囲まれた半戸外空間に”クールスポット(涼しい空気の溜まり)”の生成を試みています。厳しい日射を絞り、花ブロックを抜ける風が涼やかにリビングへと通り抜けることを願って考案しました。また、中庭には「やんばるの原風景」を再現すべく、多くの植物を植えています。

住む人の心地よさに徹した、実用的なデザイン
花ブロックを抜ける風が通り抜ける涼やかなリビング
花ブロックで囲まれた半戸外空間のクールスポット(涼しい空気の溜まり)

本プロジェクトは、「太陽熱エネルギー活用型の実験住宅」であり、沖縄により適した住まいのかたちを探るプロジェクトでもあります。空気集熱式ソーラーシステム「OMソーラー」でデシカントクーリング(除湿冷房)や、OMクワトロソーラーにて太陽熱を利用した冬場の床暖房、通年のお湯採りなどを行いつつ、太陽光で電気を創り出しています。また、壁面の断熱に関しての効果も計測します。今後様々な計測を行う「実験住宅」ではありますが、見る人にそう感じさせない、住み良さを考慮した設計を行っています。建築家としての勘に加え、最新の機器と検証技術、そして地元の人々の意見を取り入れながら、快適で心地よい「沖縄の家」のかたちを共に探していきたいと考えています。

通常は一人で設計決定をしていますが、今回は「産・学・官」連携ということもあり、様々な意見が交わされる中、みんなで一緒に設計をしており、私にとっても非常に貴重な経験です。今回の仕事を通して、少しでも沖縄のために恩返しが出来るのならこれ程嬉しいことはありません。これから先の「沖縄の家」をより進化させるための意義深いプロジェクトに参加できて光栄です。

住む人の心地よさに徹した、実用的なデザイン
花ブロックを抜ける風が通り抜ける涼やかなリビング
花ブロックで囲まれた半戸外空間のクールスポット(涼しい空気の溜まり)
写真:建築家 伊礼 智

建築家 伊礼 智

沖縄県出身。琉球大学理工学部建設工学科卒業後、東京芸術大学院美術研究科を修了。1996年伊礼智設計室を開設。2006年「9坪の家」、2007年「東京町家・町角の家」でエコビルド賞受賞。2013年「建築知識700号記念号(3月号)」にて日本の住宅を変えた50人+αに選ばれる。様々な建築賞を受賞し、著作も多数。自然素材に包まれた「空気」までもをデザインに含めた心地よい設計が注目を集めている。


ページトップへ