注文住宅、分譲住宅なら、沖縄の建築会社 株式会社アイムホーム

資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ 098-923-1646

お電話でのお問い合わせ 098-923-1646


お客様の声

くつろぎに満ちたナチュラル・カントリーの我が家。思い描いていた憧れの居住空間をかたちにしたことで家族みんなが"笑顔"で仲良く暮らしています。

八重瀬町 T邸

家族構成…5人(ご夫婦・お子様3人)

住宅の種類…プローボ(平屋)

写真:八重瀬町 T邸 ご家族

アイムホームでマイホームを建てようと思ったきっかけ

ご主人

以前は賃貸住宅に住んでいたのですが、その頃から妻はインテリアにこだわりがあったんです。住まいづくりを考えはじめたタイミングでアイムホームさんに出会ったことが大きな決め手となりました。外観のデザインはもちろん、機能性やインテリアにもこだわりが感じられる物件を多く手がけているということでお願いすることにしました。20代での家づくりだったこともあり、不安や疑問が色々あったのですが、最初の打ち合わせでローン返済など予算面での相談にものってくれましたし、プラン提案も迅速に行ってくれたので安心してお任せすることができました。また、私たちが打ち合わせに熱中している時など、スタッフの方が子どもと一緒に遊んでくれている姿を見て、この会社なら家族が笑顔でいられるマイホームを建ててくれそうだと感じました。

奥様

マイホームを建てることを前提に土地を購入しており、住まいづくりを考えはじめた時に色々な建築会社を調べて自分たちのライフスタイルと合ったデザインを探していました。そんな時、アイムホームさんのホームページを見て「私の思い描いていた住まいはこれだ!」と一目惚れしたんです。もともと洋風のテイストに可愛らしさをプラスした"ナチュラル・カントリー"のインテリアが好きで、以前から「こういう家にしたい」という方向性が固まっていたので、南欧風の外観やインテリアをベースにした「プローボ」は私の理想にぴったり。デザインを見た瞬間、私の気持ちはほぼ決まっていました。

写真:八重瀬町 T邸 リビングルーム

住まいづくりをするにあたってこだわったポイント

奥様

まず最初に「生活感を感じさせない空間」にしたいという希望を伝えました。小さな子どもが3人おり、毎日家事や育児で忙しいのですが、だからこそなるべく自分らしいスタイルを大切に、心がウキウキする物に囲まれて暮らしたかったんです。理想はお家に居ながらカフェでくつろいでいるような、そんなぬくもりに満ちた空間。住み始めて2年が経ちましたが、イメージしていた通りのマイホームが完成して本当に満足です。現在はインテリア・雑貨が好きな皆さんの交流の場としてお家を開放し、地元作家さんたちの作品を集めた「1Dayおうちshop CORUKU STYLE」を開催しています(不定期)。口コミで噂が広がり、多い時は200名以上の方が我が家を訪れます。各部屋を展示場として活用しているのですが、来場されるお客様から「雑貨屋さんみたい! 本当にここに住んでいるの?」と驚かれることも多いんです。住みやすさや家族の満足度はもちろんですが、周囲の皆さんの評判もとても良くて嬉しいです。

マイホームでお気に入りの場所

ご主人

リビングの奥に位置する和室です。以前はフローリング生活だったので、家を建てる時は絶対畳の部屋が欲しいと考えていました。妻が好きな"ナチュラル・カントリー"のインテリアに自然に溶け込むよう、家具や畳、柱などの色見や素材を工夫しました。縁側風に作った広めのデッキもお気に入りです。幅を広めにつくっているので、子どもたちと一緒に遊んだり、庭の緑を眺めながら家族や友人とバーベキューを楽しむこともあります。また、私は体を動かすことが好きなので、庭に面した上壁の部分にトレーニング用の鉄棒を付けてもらいました。「こんなところに鉄棒が!」と訪れたみんなに驚かれます(笑) 子どもたちは子ども部屋に作ったロフトが大好き。屋根裏部屋のような特別感が楽しいみたいで、登ったり降りたりを繰り返しています。

奥様

私は大好きな雑貨や小物に囲まれているキッチン、ダイニング、リビングの3つがゆるやかに繋がったスペースが一番のお気に入りです。キッチンには可愛いレンガの作業台をつくり付けてもらいました。娘が大きくなったら、ここで一緒にお料理やお菓子作りをを楽しみたいですね。家具は木目がやさしいパイン材のもので揃え、家族みんながくつろげるような雰囲気に。私は裁縫が好きなので、子どもたちが寝た後ダイニングでコースターなどの布小物を手作りすることもあります。

写真:八重瀬町 T邸 こども部屋とリビングルーム

住まいづくりを体験した感想・アドバイス

ご主人

信頼できる会社をパートナーとして選ぶことはもちろんですが、住まいづくりにおいては大きなことから細部に至るまで、施主自身が決めなければならないことが数多くあります。住まいのスタイルや各種設備のチョイスはもちろん、水回り、スイッチの位置、クロスの種類まで、今はまだかたちになっていない"我が家"をどうイメージし、組み立てていくかが大切。そのためにも、住まいづくりの最初の段階で夫婦や家族でよく話し合い、完成した時の想像図を頭の中に描いておくこと。それによって打ち合わせやプランの決定がスムーズにいき、満足できる住まいづくりが実現できると思います。

奥様

施工中は子どもを連れて現場に行くこともあり、どんどんかたちになっていくお家を見ることで、「ここに家族みんなで暮らすんだな」という実感がわきました。あの時のワクワクした気持ちは今もよく覚えています。最初の打ち合わせから引き渡しまで、アイムホームの皆さんが親身丁寧に私たちの要望を受け止めてくれて満足しています。子どもたちの大のお気に入りのロフトも担当の山田さんが提案してくれたんです。また、女性のインテリアコーディネーターが常駐しているのはとても大きなメリットだと思います。インテリアや各種仕様選びの時に話が弾み、楽しみながら住まいづくりに取り組むことができました。

写真:八重瀬町 T邸 こだわりの内装