注文住宅、分譲住宅なら、沖縄の建築会社 株式会社アイムホーム

資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ 098-923-1646

お電話でのお問い合わせ 098-923-1646


お客様の声

何度も打ち合わせを重ねて完成した理想の我が家。スタッフの皆さんが、"もう一人の家族"と思えるくらい親身になって相談にのってくれたことが嬉しかったです。

沖縄市 U邸

家族構成…4人(ご夫婦・お子様2人)

住宅の種類…プローボ(平屋)

写真:沖縄市 U邸 ご家族

アイムホームでマイホームを建てようと思ったきっかけ

ご主人

以前は同じ土地にあった妻の両親が建てた家に住んでいましたが、年数が経っている上にシロアリの被害が大きかったため、建て替えを決心しました。最初は数件の建設会社に平行して相談をしていたのですが、私たちが思い描いている住まいを実現してくれそうな会社がなくて困っていました。その頃、以前職場の同僚がアイムホームさんでお家を建てたことを思い出し、夫婦で完成見学会に出向いたことがアイムホームさんとの長いお付き合いのスタートでした。実は最初、そのデザイン性の高さや建てたお家の雰囲気から「敷居が高いかもしれない」「予算がかかりそうだなぁ」という不安があったのですが、実際に相談にのってもらったら他の会社とそれほどの差がなく、さらに、自分たち好みのデザインを取り入れてくれることがわかったのでこちらでマイホームを建てたいと思いました。

奥様

最初は「建築会社=男性的」というイメージがあったのですが、アイムホームさんとお話をするうちにその意識が大きく変わりました。営業担当の方には打ち合わせに時間をかけてもらい、きめ細かい説明とプランの提案で不安が払拭されました。また、私にとっては女性のインテリアコーディネーターがいるというのも大変大きな魅力でした。家づくりは初めての経験で、実は最初図面を見ても今ひとつイメージがわかなかったのですが、インテリアコーディネーターの山城さんが親身になってサポートをしてくれたおかげで、住まいづくりに関するイメージがどんどん明確になりました。一緒に既存物件を見に行ったり、インテリアの雰囲気をつかんでほしいからとイタリアンレストランで一緒に食事をしたり…。書類を囲んでの話だけではなく、「直に自分の目で見ること」「住む人の感性を引き出すこと」を大切にしれくれたスタッフの皆さんにはとても感謝しています。

写真:沖縄市 U邸 リビング

住まいづくりをするにあたってこだわったポイント

ご主人

周囲に二階建ての家が多くて陽当たりが悪かったため、建て替えの前は昼でも家の電気を付けっぱなしでした。この機会に以前の住まいで困ったポイントを全部解消したいと思い、「採光」「調湿・風通し」「収納」の3つに焦点を絞ってこだわりました。また、居心地の良い「機能」はもちろん、夫婦揃って好きな"アンティーク"っぽい質感を大切にした「デザイン」をかたちにしたいと思い、雑誌の切り抜きなどを集めてイメージを膨らませました。

奥様

実際に住んでみて、キッチンとランドリーがすぐ近くにあるという動線はとても便利だと感じます。また、デザイン面でも、アンティーク風のインテリアが好きという私たちの要望に沿って、漆喰風の壁紙や落ち着いた色合いのレンガをチョイスしれくれてとても満足しています。

マイホームでお気に入りの場所

ご主人

僕は料理が好きなので「キッチン」が一番落ち着きますね。動線も便利ですし、キッチンとダイニング・リビングが一続きになっているので料理をしながらテレビを眺めることもできるんです。仕事を終えて家に帰り、キッチンで過ごす時間が一番落ち着きます。子供たちも含め、家族で食事をしながらその日にあったことを話し合うひとときも大切にしたいですね。また、夫婦揃ってコーヒーが好きなので、サイフォンやポットを置いたコーナーもお気に入りです。

奥様

私はリビングに面したコートが一番のお気に入りです。昨年の夏はお友達を招いてコートでバーベキューをして盛り上がりました。また、外壁の一部を使って小さな花壇を作ってもらったこともあり、植物やお花を育てるのが趣味として加わりました。白を基調にした西洋スタイルの和室も、「お家全体の雰囲気とマッチしていて良いね」とお客様に大好評です。

写真:沖縄市 U邸 キッチンとコート

住まいづくりを体験した感想・アドバイス

ご主人

この家が完成したのは2012年の12月でしたが、実際にはその2年程前から貯金や銀行への相談など様々な準備をスタートしています。また、職場が近いこともあり、ほぼ毎日施工現場に顔を出していました。進捗状況を確認したり現場の写真を撮影するなど、家づくりに積極的に「参加」することで完成した時の喜びが倍になりました。会社を決める際は見積やプランを提案してもらうだけではなく、実際にその会社が実施している見学会などに足を運んで、自分の目で物件を確認しスタッフの方々と積極的にコミュニケーションをとることが大切だと実感しました。

奥様

引き渡しの際、感極まって涙がこぼれました。それは完成したことの安堵や喜びと同時に、親身になってくれたスタッフの皆さんと別れるのが寂しかったから。住まいづくりは住む人とつくる人の二人三脚だと思います。"もう一人の家族"のような思いとプロフェッショナルとしての情熱を持った会社との出会いがまず何よりも大切なんだなと感じました。

写真:沖縄市 U邸 住まいづくりを体験した感想・アドバイス